専門公認心理師 資格申請について(準備中)

1.理念と骨子

 公認心理師に対する国民の期待は高まっており、その有資格者の知識・技能の質保証が重要な課題となっています。本会は、国民の心の健康増進を目的として、科学者-実践家モデルおよびエビデンスにもとづく実践を設立理念として活動してきました。具体的には、公認心理師が活動する諸分野における職能の専門性や必要とされる知識・技能等について、国内外の文献や諸外国のガイドライン等について網羅的に精査しながら検討を行ってまいりました。この度、当会の関連委員会における検討の成果として、各実践分野における公認心理師がその分野の特性に応じて備えておくべき知識・技能の内容を「コンピテンス」リストとして策定いたしました。今後は、このコンピテンスリストにもとづいて、研修制度を整備し、一定のレベルに達した者に各分野の「専門公認心理師」の資格を認定します。

2.制度の目的

  • 公認心理師としての知識と技能に関する研修の機会を確保し、公認心理師のスキルアップをめざし、また、公認心理師取得後の教育研修の道筋を示し、若手の方々の学びと研鑽の目標を示します。
  • 各実践分野における公認心理師としての知識と技能について、一定のレベルに達した方には、「専門公認心理師」の資格を認定し、キャリアアップ(就職機会の拡大)をめざします。
  • 公認心理師資格は汎用資格であり、各実践分野の職場における深い知識や技能を必ずしも反映するものではないため、専門公認心理師の資格により、各分野の専門性を保証します。また、5年ごとの更新制を設け、継続的な研鑽による資質の維持・向上をめざします。
  • 本会が推奨する公認心理師の理念について、各分野のコンピテンスリストおよび5分野横断の共通コンピテンスリストとして具体化します。

3.制度の特徴(コンピテンスにもとづく研修と資格認定)

 本会の制度の特徴は、コンピテンスリストにもとづく研修と資格認定である点です。

 本会のこれまでの活動の成果として、公認心理師のコンピテンスを定め、コンピテンスリストを作成しました。リストは、分野別と5分野共通のものに分かれます。分野別コンピテンスリストは、5つの実践分野における公認心理師の活動に必要とされる基礎的・全般的な知識・技能(ミニマムエッセンス)を集約したものです。さらに、5分野を横断する基礎的なコンピテンスを「共通コンピテンスリスト」として設定しました。

 これらのコンピテンスリストにもとづいて研修をおこない、一定のレベルに達した方に各分野の「専門公認心理師」の資格を認定します。

4.資格の名称

 公認心理師の実践分野を代表する5分野に応じて、6つの専門公認心理師の資格を認定します。

  一般社団法人 公認心理師の会 認定 医療専門公認心理師 

  一般社団法人 公認心理師の会 認定 教育専門公認心理師

  一般社団法人 公認心理師の会 認定 福祉専門公認心理師

  一般社団法人 公認心理師の会 認定 産業・労働専門公認心理師

  一般社団法人 公認心理師の会 認定 司法・犯罪専門公認心理師  

  一般社団法人 公認心理師の会 認定 嗜癖専門公認心理師      

  

5.資格の対象

 本会の専門公認心理師資格を申請できるのは本会の会員とします(ただし、年会費未納の場合は不可)。

 なお、会員になるためには公認心理師の資格登録者であることが必要です。

 また、各専門資格の分野において、公認心理師としての業務経験を有することを要件といたします。

6.審査について

 コンピテンスリストに記載された項目ごとに、①研修会への参加、②公認心理師業務の経験の証明書・推薦書、③症例報告/研究報告の実績によって申請していただきます。この申請書にもとづいて認定の審査をおこないます。

各専門資格のコンピテンスと認定方法は、以下の通り

   医療専門公認心理師

   教育専門公認心理師

   福祉専門公認心理師

   産業・労働専門公認心理師

   司法・犯罪専門公認心理師  

   嗜癖専門公認心理師      

 審査は、各資格につき年1回となります。申請期間は、こちら(リンク)をご確認ください。

 本会による審査を経て合格が決定した方に対して合格認定を交付します。合格者は資格登録料を支払い、専門公認心理師として登録されます。

7.資格の更新について

 資格は5年ごとに更新します。更新には、定められた必要な条件を満たす必要があります。


 専門公認心理師コンピテンス認定のための申請書類

1.研修会への参加

 受講した研修会のリストと受講証明書をご提出ください。

注1)研修会のリストは、各専門資格ごとに異なります。

注2)過去5年間のものを有効とします。

注:現在、他団体による研修会については、当会の専門資格申請要件を満たすものとして認定されておりません。

2.推薦書および実務経験の証明書

推薦書および実務経験の証明書は、以下の書式で作成をお願いいたします。

  • 推薦書(医療部会)
  • 実務経験の証明書(準備中)

注1)申請者が公認心理師として実務を行なっている機関において取得してください。

注2)複数の機関で勤務している場合は、主たる勤務施設から取得することを原則とします。

注3)推薦者は、被推薦者と業務と共にしている上長もしくは同僚とします(同職場におおよそ5年以上勤務の者)。

注4)当該領域の実務経験の期間の算定方法は、常勤・非常勤を問わず3年以上とします。

3.症例報告/研究報告の実績

 申請時に必要な実績は以下の通りです 

 ・当該分野に関する原著論文または症例報告の場合・・・・1本

 ・当該分野に関する学会発表の場合・・・・・・・・・・・3本

 注1)症例報告/研究報告は、当該論文または学会発表の抄録の写しを提出していただきます。

 注2)原著/症例報告では筆頭、第二著者、責任著者までとします。

 注3)学会発表は筆頭のみとします。いずれも査読ありの業績に限ります。

 注4)申請できる業績は、過去5年以内のものに限ります。

申請方法

 ステップ1 コンピテンス認定のための申請書類をご準備ください

 ステップ2 当会HPの「専門資格申請」から、申込をお願いします

 ステップ3 マイページからお支払いをお願いします

 ステップ4 イベント履歴から「専門資格申請」をクリックし、申請書類提出用のURLから書類一式をPDFでお送りください

 申請書類

  □ 申請用の専門資格の研修参加リスト

  □ 受講証明書(研修修了証)

  □ 推薦書/実務経験の証明書

  □ 症例報告/研究報告の論文(1本)または学会発表抄録(3本)

 ステップ5 申し込み受付のメールが届いたことをご確認ください(データ送付から1週間程度かかることがあります)